『イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』の読書感想




超有名本。有名すぎて既に著者の主張を知っていたので、読まなくても良かったかも。Life is beautifulさんのこのエントリーでも読めば、だいたい本書の主張は分かる。

正直、このジレンマを経験できるレベルの企業はそう多くは無い。

さて、いくつかメモ。

組織にできることとできないことは、資源、プロセス、価値基準の三つの要因によって決まる。
(p220)

カリフォルニア州サンフランシスコのウィンダミア・アソシエーツは、「購買階層」という製品進化モデルを作成した。このモデルは、機能、信頼性、利便性、価格の四段階を一般的なサイクルとしている。
(p254)

ハーバードビジネススクールは、学問的厳密性と、実践的応用性の両方を重視しているらしいが、本書はその鑑なんだとか。

カテゴリ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 『イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき』の読書感想

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.sugi-shun.com/mt/mt-tb.cgi/749

コメントする

このブログ記事について

このページは、danielが2009年2月27日 20:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「債券市場もvolatile」です。

次のブログ記事は「消費者物価指数、前年同月比で0%増」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.21-ja